Summer Fair

b0208444_19371095.jpg

子どもたちが通うシュタイナースクールの年に一度の大きなお祭りが行われました。
このお祭りは保護者が中心になって行うファンドレイズ(寄付)のための催しで、
一年をかけてお母さんがかわいいお人形やクラフト品を作り、お父さんが木工品などを作り、その日はケーキや自然食を作り・・・と大掛かりに準備します。
なので、このお祭りがあるターム3の終わりからターム4の始めにかけてはみんな大忙し。
当日はケーキストール(ケーキを売るブース)への出品の為に各家庭2つのケーキと1つの焼き菓子やパンなどを持っていかなければいけません。
そして、各クラスのアトラクションを受け持って2時間交代でお店担当をし、みんな一日中大忙しのお祭りです。

でも、私はこの忙しいこの日が大好きです。
保護者が一つになれる大切な催しであり、終わった後の達成感はなんだかいいものです。
ケーキを焼くのも、シュタイナードールや子どもたちが喜ぶクラフトを作ったりするのも私の楽しみな時間です。
そして、我が家の子どもたちも毎年とっても楽しみにしています。
子どもしか入れない「フェアリーカフェ」やチケットでかわいいクラフト品が買い物ができる「チルドレンバザール」、フェアリーがお話を聞かせてくれておまじないをかけてくれる「フェアリークイーン」、小人がドラゴンの口の中で話してくれる「ドラゴンストーリー」、などなど・・・
本当に夢の国になるのです。






今年は雨が降ったりとお天気にはあまり恵まれませんでしたが・・・

うちの子たちは気にせず大いに楽しみました。

念願だったドラゴンストーリー。
お話を最後まで聞くと、小人さんが袋に入った竜の歯(クリスタルのアメジスト)を一人一人にくれます。大きな竜の歯をもらえて琉生は大喜び!
b0208444_19491785.jpg


我がクラスのアトラクションの一つ、「フェアリークイーン」。
お母さんたちの努力の結晶が詰まった素敵な空間です。
b0208444_1950997.jpg


今年はクラスでもう一つ、「プリムローズカフェ」を出店したので、ケーキストールのケーキは1つだけでオーケーでした。
b0208444_1951955.jpg


そのかわり、そのカフェに出す「プリティーカップケーキ」と「ベジタリアンすし」を提出。
プリティなカップケーキ、、、すごく難しかったです。。。
b0208444_1952117.jpg

b0208444_19522514.jpg


子どもたちが毎年楽しみにしているキャンドルづくり。
二人が作ったキャンドル。今年の色も美しいです。
b0208444_19531874.jpg

[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-17 19:56 | くらし | Comments(0)


ニュージーランドの生活のことを、小さな小さな日記から


by Dai_tenohira

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
てしごと
かぞく
くらし
ごはん
おやつ
しぜん
ともだち
たび
シュタイナー
わんぱく塾

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

てのひら日記 ~honw...

外部リンク

2010年9月以前の記事はこちらをご覧ください。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
環境・エコ

画像一覧