引っ越し

b0208444_03564359.jpg

毎年毎の我が家のおなじみの行事。。。引っ越し。

またその時期がやってきました。


ニュージーランドでは、家を賃貸で借りている以上、どうしても免れない数年毎の移動。一つの家に長く住める人もいますが、なぜか私たちはいつも2~3年毎に引っ越しをすることになっています。きっとタツさんも私も根がジプシー。一つのところに留まれない性分もあるんでしょう。引っ越しは大変だけど、実は大好き。いろんなものが舞い込んでくる我が家にとっては、これまでお世話になったものたち、いただいたありがたいものたちに、感謝を込めてお別れし断捨離させてもらういい機会です。


さて、そんな我が家が新しい場所に移る時期がまたやってきました。







今度の引っ越しも、またまたなんと素晴らしい縁での巡り合わせ!(前回の家も、偶然お友達の持ち家でした。)
村仲間(と勝手に呼んでいる)のお友達のおうちの真裏が、家を借りてくれる人を探しているとのことで、「あやさんたちを紹介しといたよ!」とそのお友達が話してくれました。

その真裏のお家をみせてもらってから、私たち家族は、そのおうちにも、その家のオーナー家族にも一目惚れ。アメリカンで感覚が私たちに近い、おおらかなファミリーで、おうちもそんな雰囲気があふれた素敵なところ。シュタイナーファミリーなので、オーガニックガーデンあり、ニワトリあり、フルーツの木もたくさんあり、アトリエになりそうな秘密部屋つきガレージあり、の最高な庭。そして、日がさんさんと入る広いリビングと、素敵な暖炉。私たちにはもったいないくらいのおうちです。オーナーのTrenaとGavinも私たちを気に入ってくれた模様。「あなたたちにぜひ借りてほしい」とおっしゃってくれました!
子どもが4人もいて、猫も2匹もいて(家を探しているときは3匹)、そんな大家族が借りれる物件、実際は本当に少ないのです。子どもたちみんな一緒に寝ている我が家には、3ベッドルームあればもう十分。(本当は2ベッドルームでもいいくらい。)でも、3ベッドルームは「Up to 4 peaple (この家は4人まで。)」なんて条件が付いていることがほとんどで、6人以上が住める家って、すっごくでっかい家になってしまい、家賃がとっても高くなっちゃうのです。交渉次第ではもちろん5人とかでもこれまで大丈夫だったけど、さすがに6人となると、選択肢は狭まります・・・


そんな状況の我が家が無事に引っ越せる家が決まり、村仲間(なんと8家族のみなさん)総出で、車出して家具や荷物を一緒に運んでくれて、新しい家に待機して荷物を開けて棚などにしまっていってくれて、その日の夕食は炊き出しで女性陣がおいしい〜ご飯をつくってくれてて、次の日には古い家の掃除も手伝ってくれて・・・本当に本当に、今回もみんなには感謝せずにはいられない出来事となりました。(他の感謝せずにはいられない出来事は、またいつかゆっくり書きたいと思います。)


6人+2匹+3羽の大家族での新しい生活、存分に楽しんでいます。



[PR]
by Dai_tenohira | 2015-07-25 04:41 | くらし | Comments(0)


ニュージーランドの生活のことを、小さな小さな日記から


by Dai_tenohira

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
てしごと
かぞく
くらし
ごはん
おやつ
しぜん
ともだち
たび
シュタイナー
わんぱく塾

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

てのひら日記 ~honw...

外部リンク

2010年9月以前の記事はこちらをご覧ください。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
環境・エコ

画像一覧