糀づくり

毎年お味噌を作っていますが、糀だけはこれまではネットで注文して届く生糀を使っていました。
糀、作ってみたいのだけど温度管理がどうしても難しそうで、子育ての合間にできるものなのかな!?と思ってなかなか一歩が踏み出せませんでした。

友人で自他共に認める糀研究家のMさんと、私の心の師匠M子さん、仲良しお二人に「糀づくりはほんっとに簡単なのよ〜」という話は何度も聞いてきたのだけど、作り方を聞いても実行にうつせず・・・

それが、縁あって我が家に滞在することになったM子さんが糀ができあがるのに必要な48時間ずっとつきあってくださり、とうとう初の糀づくりが成功!
保温する道具はわざわざ新しく何かを買わずに我が家にあるものでやろう、ということで、M子さん流に飯台やおひつと湯たんぽ、毛布を使いました。
なんだーー、思ってたよりこんなに簡単にできちゃうんだ〜!というのが感想でした。
その初めて作った1kgの糀は、さっそく大好きな甘酒にしたり、塩糀、醤油糀、南蛮味噌と調味料にしてお料理に大活躍中です。
今まで買っていた時は、貴重なものだから、、とちびちび使っていたけど、こうやって自分で作れるならどんどん使えてお料理の幅も広がる!
糀が入ると味に深みが出るから本当に不思議。
世界に誇れる素晴らしい食文化です⭐️

そして、このホリデーにはお味噌作りに使うための糀を仕込みました。
2回目の糀作り。一人でできるかな・・・?

b0208444_19035658.jpg
一晩水に漬けておいた1kgのお米を次の日の朝蒸し器で蒸します。うちのコンロと蒸し器だとだいたい50分くらい。
芯がなくなる程度に蒸しあがったお米に、もやし菌を小さじ1杯よく混ぜ込んで切り返します。

b0208444_19040719.jpg
よく混ざり合ったら、布巾などで包んで、私の場合は飯台にいれます。そして、これに竹ざるなどで蓋をしてその上に湯たんぽをおいて・・・

b0208444_04470498.jpg
ブランケットなどでぐるぐる巻いて保温します。

途中、10時間おきぐらいに切り返し、温度を測ってできる限り38度くらいに近づくように湯たんぽで調節します。

そして、40時間がすぎたころ・・・
b0208444_19031235.jpg
糀の甘〜い匂いがして、ころころの塊ができてきました。いい感じ♪

そして、48時間後に熱をとってできあがり〜









ホリデー中にお味噌を作ろうと思って用意した糀。
すると、琉生のクラスのイタリア人ママのBarbaraが「私も一緒にお味噌をつくりたい!」と言ってくれて、Play dateをしがてら一緒にお味噌を作りました。
Barbaraは厳格なマクロビアン。自分の体調を整えるための食生活を追求し、いろいろ学んでたどり着いたのがマクロビオティックだったそうで、食事はイタリア人でありながら、陰性の強いナス科の野菜(トマト、ジャガイモ、ナス、など・・)や砂糖などを一切取らない食事を心がけています。だから、お味噌もよく使うのだそう!

シュタイナー教育のこと、マクロビオティックのこと、自然派生活のこと、その他世の中の動きのことや合気道のこと(息子のMalioは合気道を習っています。)などなど・・・おしゃべりに花を咲かせながらのお味噌作りはとても楽しかった〜!

お互い4kgずつ作りました。(我が家はこの量だとおそらく半年分・・・また半年後につくらなくては。)

今回はどんなお味噌になるのかな?
楽しみです。


[PR]
by Dai_tenohira | 2015-07-28 06:00 | ごはん


ニュージーランドの生活のことを、小さな小さな日記から


by Dai_tenohira

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
てしごと
かぞく
くらし
ごはん
おやつ
しぜん
ともだち
たび
シュタイナー
わんぱく塾

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

てのひら日記 ~honw...

外部リンク

2010年9月以前の記事はこちらをご覧ください。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
環境・エコ

画像一覧