カテゴリ:ごはん( 5 )

糀づくり

毎年お味噌を作っていますが、糀だけはこれまではネットで注文して届く生糀を使っていました。
糀、作ってみたいのだけど温度管理がどうしても難しそうで、子育ての合間にできるものなのかな!?と思ってなかなか一歩が踏み出せませんでした。

友人で自他共に認める糀研究家のMさんと、私の心の師匠M子さん、仲良しお二人に「糀づくりはほんっとに簡単なのよ〜」という話は何度も聞いてきたのだけど、作り方を聞いても実行にうつせず・・・

それが、縁あって我が家に滞在することになったM子さんが糀ができあがるのに必要な48時間ずっとつきあってくださり、とうとう初の糀づくりが成功!
保温する道具はわざわざ新しく何かを買わずに我が家にあるものでやろう、ということで、M子さん流に飯台やおひつと湯たんぽ、毛布を使いました。
なんだーー、思ってたよりこんなに簡単にできちゃうんだ〜!というのが感想でした。
その初めて作った1kgの糀は、さっそく大好きな甘酒にしたり、塩糀、醤油糀、南蛮味噌と調味料にしてお料理に大活躍中です。
今まで買っていた時は、貴重なものだから、、とちびちび使っていたけど、こうやって自分で作れるならどんどん使えてお料理の幅も広がる!
糀が入ると味に深みが出るから本当に不思議。
世界に誇れる素晴らしい食文化です⭐️

そして、このホリデーにはお味噌作りに使うための糀を仕込みました。
2回目の糀作り。一人でできるかな・・・?

b0208444_19035658.jpg
一晩水に漬けておいた1kgのお米を次の日の朝蒸し器で蒸します。うちのコンロと蒸し器だとだいたい50分くらい。
芯がなくなる程度に蒸しあがったお米に、もやし菌を小さじ1杯よく混ぜ込んで切り返します。

b0208444_19040719.jpg
よく混ざり合ったら、布巾などで包んで、私の場合は飯台にいれます。そして、これに竹ざるなどで蓋をしてその上に湯たんぽをおいて・・・

b0208444_04470498.jpg
ブランケットなどでぐるぐる巻いて保温します。

途中、10時間おきぐらいに切り返し、温度を測ってできる限り38度くらいに近づくように湯たんぽで調節します。

そして、40時間がすぎたころ・・・
b0208444_19031235.jpg
糀の甘〜い匂いがして、ころころの塊ができてきました。いい感じ♪

そして、48時間後に熱をとってできあがり〜







この糀を使って
[PR]
by Dai_tenohira | 2015-07-28 06:00 | ごはん | Comments(0)

自家製納豆 できました。


b0208444_06431766.jpg
我が家は基本的にベジタリアン。
家族のご飯は動物性食品を使いません。
(およばれやお祝いのときは感謝の気持ちを込めていただくこともあります。)
特に私は自分の体調に合うので、ここ数年すっかりヴィーガンとなりました。

我が家で重要な食べ物が様々な種類の穀物や、豆類のおかず、発酵食品。
穀物は玄米、キヌア、ミレット(きび)、アマランサスなどを白米に混ぜていただきます。
お豆はレンズ豆、ひよこ豆、レッドキドニービーンズ、えんどう豆、大豆、これらの乾燥豆をいろんなおかずにしていただいています。

そんな我が家みんなが大好物なもの、納豆。
ニュージーランドでも日本から冷凍されて送られてくる市販の納豆が手に入るははいるのですが、少し高いし、それに安全面でいろいろ心配・・・
自家製で作りたいと思いつづけてきたのですが、温度管理が難しそう、、、となかなか一歩がでませんでした。
が、ローフード仲間のお友達に少し前に”これでソイヨーグルトや麹、納豆が作れるよ〜”と教えてもらい、貸していただいた「ヨーグルティア」
これがすっごくいい!!
先月日本に急用で帰ることになったパパさんに買ってきてもらい、とうとう念願の自家製納豆作りが成功〜!
思う存分好きなだけここでも納豆が食べられることになって、家族みんな大興奮。
このヨーグルティア、すっごくいいです⭐️
甘酒もこの間作ってみたら大成功♪麹もこれで作れちゃうそうで、そのうち作ってまた今年のお味噌を仕込みたいと思っています。




そんな我が家のある日の夕食。
[PR]
by Dai_tenohira | 2015-02-23 07:04 | ごはん | Comments(0)

めおと食堂

長女9歳、長男6歳、次女3歳、次男2ヶ月。
そんな年齢構成の我が家の子ども達。

長男は今年からいよいよシュタイナースクールの1年生になり、毎日最高に楽しい時間を過ごしてきているようです。
我が家から車で30分ほどのところにある彼らの学校まで、今年から長女と長男二人でスクールバスに乗って通い始めました。
これまでは長男のキンディー(幼稚園)に2時にお迎えに行き、それから長女が終わる3時20分までの間、学校の敷地内のベンチや遊び場で長男と次女を遊ばせながら待っていたけど、今年はそのお迎えからも解放され、生活に随分ゆとりができました。
お迎えがないと、こんなに時間に余裕があるのかーーー!と今更ながらびっくり⭐️
かわいい赤ちゃんとのいい時間をゆっくり過ごさせてもらっています。


さて、キラキラの1年生になった長男、中身はどちらかというと、まだまだ次女のアンちゃんと対等。
真ん中っ子だったから、これまでは凛とも対等に遊び、アンちゃんとも対等に遊び・・・というポジションできたけど、最近9歳になった長女は、シュタイナーでいう「ルビコン川を渡る時期」。夢の中の住人だったのが、少しずつ自分の身の回りの世界に向けて目を覚まし、階段を駆け上がり始める時期に入りました。
なので、たまにクール(現実的)なのです。
そんな姉とよりも、遊びの面ではアンちゃんの方が通じ合う長男琉生。

学校から帰ってくると、待ちかまえていたアンちゃんと、今日も仲良く遊び始めます。



今日のおままごと
[PR]
by Dai_tenohira | 2015-02-20 09:24 | ごはん | Comments(0)

いただきます

b0208444_9184930.jpg

うちの子たちは食べること大好き。
何でもよく食べます。
凛はどちらかと言うと甘めのもの。果物やパンが好き。
琉生は食べているときが一番幸せなタイプ。だから何だって全部食べ尽くす。
杏ちゃんは、わたしがすっかりヴィーガンになって生まれてきた子だからか、
穀物より野菜や果物が好き。
ブロッコリー、かぶ、大根、かぼちゃ・・・
特にお味噌汁の具やお漬け物に目がない渋い赤ちゃん。

More
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-16 09:22 | ごはん | Comments(2)

ぬか漬け

b0208444_7453341.jpg


凝り性のわたし。
最近はまっているものは「ぬか漬け」です。

b0208444_7464345.jpg

毎日朝晩かき混ぜて野菜を入れておくと半日後にはおいしいお漬け物になっている・・・
昔の人はなんて素晴らしい発見をしたんでしょうか!
食文化って本当に奥が深くて感動します。

暖かくなってきたので天然酵母のパン作りも再開。
酵母は「おいしくな〜れ」と言葉をかけてあげるとさらにおいしくなるそうなので、私もぬかにも酵母にも声をかけてお世話をしています。

b0208444_7503952.jpg

畑でとれた小松菜と不思議な種類のレタス。そしてレモン。今日はこれで何にしようかな・・・

今日も元気な畑です。
b0208444_752238.jpg

[PR]
by Dai_tenohira | 2011-10-22 07:52 | ごはん | Comments(0)


ニュージーランドの生活のことを、小さな小さな日記から


by Dai_tenohira

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
てしごと
かぞく
くらし
ごはん
おやつ
しぜん
ともだち
たび
シュタイナー
わんぱく塾

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

てのひら日記 ~honw...

外部リンク

2010年9月以前の記事はこちらをご覧ください。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
環境・エコ

画像一覧