<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Santa Parade 2012

b0208444_2253919.jpg


今年もサンタパレードがオークランドの中心地、Cityで行われました。

More
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-27 23:06 | くらし

Auckland Marathon 2012

b0208444_18494025.jpg


今年も父さんのオークランドマラソンが無事に終わりました。(数週間前の話です。)

More
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-23 18:58 | かぞく

Summer Fair

b0208444_19371095.jpg

子どもたちが通うシュタイナースクールの年に一度の大きなお祭りが行われました。
このお祭りは保護者が中心になって行うファンドレイズ(寄付)のための催しで、
一年をかけてお母さんがかわいいお人形やクラフト品を作り、お父さんが木工品などを作り、その日はケーキや自然食を作り・・・と大掛かりに準備します。
なので、このお祭りがあるターム3の終わりからターム4の始めにかけてはみんな大忙し。
当日はケーキストール(ケーキを売るブース)への出品の為に各家庭2つのケーキと1つの焼き菓子やパンなどを持っていかなければいけません。
そして、各クラスのアトラクションを受け持って2時間交代でお店担当をし、みんな一日中大忙しのお祭りです。

でも、私はこの忙しいこの日が大好きです。
保護者が一つになれる大切な催しであり、終わった後の達成感はなんだかいいものです。
ケーキを焼くのも、シュタイナードールや子どもたちが喜ぶクラフトを作ったりするのも私の楽しみな時間です。
そして、我が家の子どもたちも毎年とっても楽しみにしています。
子どもしか入れない「フェアリーカフェ」やチケットでかわいいクラフト品が買い物ができる「チルドレンバザール」、フェアリーがお話を聞かせてくれておまじないをかけてくれる「フェアリークイーン」、小人がドラゴンの口の中で話してくれる「ドラゴンストーリー」、などなど・・・
本当に夢の国になるのです。

More
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-17 19:56 | くらし

自分で食べる

前回の続きです。

これまで手づかみで食べていた杏ちゃんが、最近スプーンやフォークを持って食べ始めました。
とにかく、自分で食べたい!っていう意思の強い子。
凛も琉生もどちらかというとそういうタイプでしたが、さらに杏ちゃんはそれが強い。
小さい頃から自立しています。

今日もテーブルの上も下も杏ちゃん自身もすごいことになっていますが、気にしない気にしない。
とにかく、自分で食べてくれることに感謝感謝です。

b0208444_18385259.jpg


More
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-17 18:42 | かぞく

いただきます

b0208444_9184930.jpg

うちの子たちは食べること大好き。
何でもよく食べます。
凛はどちらかと言うと甘めのもの。果物やパンが好き。
琉生は食べているときが一番幸せなタイプ。だから何だって全部食べ尽くす。
杏ちゃんは、わたしがすっかりヴィーガンになって生まれてきた子だからか、
穀物より野菜や果物が好き。
ブロッコリー、かぶ、大根、かぼちゃ・・・
特にお味噌汁の具やお漬け物に目がない渋い赤ちゃん。

More
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-16 09:22 | ごはん

日食

b0208444_8534765.jpg


水曜日はニュージーランドでは日食が見られる日でした。
午前10時半ごろ、最大80%太陽が月に隠れるそうで、タツに「あと少しで日食が始まるよ!」と
仕事場から電話をもらい、杏ちゃんと庭で見ることにしました。(杏ちゃんはもちろん見れないので、気分だけ味わいました。)

時間とともにどんどん太陽が月と重なり、すっかりかぶさったときには、あたりはすーっと暗くなり・・・不思議な一瞬でした。

写真ではうまくとれなかったけど。。
三日月型の太陽。次に見れるのは何年後でしょうか。
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-16 08:58 | しぜん

出逢い

b0208444_818132.jpg
久しぶりの更新です。

以前の記事からこんなに時間がすぎているのか、と自分でも驚くほどです。
私たち家族は、とっても元気です。
この一年でたくさんの「幸せ」が我が家にやってきました。

一つ目。
去年から動き出した私たち夫婦の夢。
それが形になりつつあります。
全ての縁が、線となってつながり、少しずつ現実となって現れてきました。
私は、やっぱり子どもたちの笑う顔が大好きです。
そして、あの輝く目にどうしても吸い込まれるように惹かれます。
縁あってやってきたこの土地で、縁あって逢えた子どもたちとずっと関わっていきたい。
そして、日本人としての心を、生き様を、少しでもここに暮らす子どもたちに伝えたい。
それは、我が子へにも同じように、伝えていきたいこと。
私たち夫婦が学校を作りたかった理由は、ただそれだけ。

周りにいる温かい方達に支えられて、一歩ずつ一歩ずつ進んでいます。
本当に、みなさんありがとうございます。
こんなにすてきな瞬間と感動にいつも触れさせてもらえて
私たちは幸せです。

二つ目。
そんな「夢」を追いかけて、導かれるようにして私たちの原点の場所に戻ってきました。
8年前に暮らしていた地区へ、また引っ越しをしました。
ここは自然のパワーがみなぎる場所です。
ここに引っ越して来て、私たち家族は穏やかに、そして平和で幸せな生活を送っています。
鳥の声が響き渡り、緑の木々がざわめき合い、より自然によりそって毎日を送れるようになりました。
そんな機会を与えてくださった方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう。

三つ目。
そして、その場所に引っ越したら、奇跡的な出逢いが待っていました。
中学のときに尊敬していた同級生との22年ぶりの再会。
徒歩で行き来できるほど近くに住んでいることが偶然わかって果たせた出逢い。
この奇跡的な出逢いをなんと言葉にあらわして表現したらいいのでしょうか。
これまで全く会わなかったのが不思議なくらい価値観が同じで
ずっと会っていたかのような不思議な感覚。
ありがとう。ありがとう。
これからもどうぞよろしくね。
[PR]
by Dai_tenohira | 2012-11-08 08:14 | くらし


ニュージーランドの生活のことを、小さな小さな日記から


by Dai_tenohira

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
てしごと
かぞく
くらし
ごはん
おやつ
しぜん
ともだち
たび
シュタイナー
わんぱく塾

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

てのひら日記 ~honw...

外部リンク

2010年9月以前の記事はこちらをご覧ください。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
環境・エコ

画像一覧